候補が表示されない場合はこちらをクリック

オーラルケアと健康

歯周病について

歯周病について

放っておくと危険な歯周病

健康な歯ぐきから出血することはありません。歯磨きやフロッシングのときに血が出るようなら、歯周疾患になりかけているのかもしれません。歯肉が腫れ、出血しやすくなるのは、歯肉炎の症状です。この段階であれば、歯垢の除去により腫れはおさまり、出血も止まります。

歯垢を取り除かないと感染が広がり、歯周病へと悪化します。さらに治療をしないで放っておくと、歯肉の付着が断絶され、歯周ポケットができてしまいます。
歯周ポケットが深くなると、治療はさらに困難になります。歯磨きやフロッシングでは、歯周ポケットの奥の歯垢は取り除けません。残った歯垢の中の細菌は毒素を流し続け、それが歯を支える土台である歯周組織を破壊していきます。

口臭がしたり、歯周ポケットができたり、歯ぐきが赤く腫れたり、出血しやすくなったら、歯周病が進行している証拠です。ここまで進行すると、歯の土台になる歯槽骨が溶け出し、歯がグラグラし、かみ合わせも変わってきます。しまいには、たとえ健康な歯ぐきであってもポロリと抜け落ちしてしまうこともあるのです。

毎日きちんと歯磨き、フロッシングをすれば、歯周病を予防し、健康な状態を維持することができるでしょう。