候補が表示されない場合はこちらをクリック

ソニッケアーが選ばれる理由

幅広い振幅の組み合わせの“音波水流”で歯垢を落とす『ソニックテクノロジー』

ソニッケアーは1980年代に開発され、世界初の音波歯ブラシとして発表されました。
それから20年以上、ソニッケアーは世界中の人々の歯磨きに変化をもたらし続けています。

ソニッケアー世界へ

オランダのロイヤルフィリップスは、2000年10月に オプティバ社を買収しました。これが現在のフィリップス・オーラル・ヘルスケアとなります。ソニッケアーはフィリップスの企業理念である「Health&Well-being」にぴったり一致しており、この買収によってフィリップスは瞬く間にオーラルケアの先端的ポジションに置かれることになりました。

フィリップス・オーラル・ヘルスケアは、日本の歯科医が選ぶNO.1ブランドとなり(※)、世界的には音波式電動歯ブラシにおける草分け的存在として認識されています。2002年10月には、アメリカのフォーブス誌によってソニッケアーの歯ブラシは「電動歯ブラシ市場のロールスロイス”the Rolls-Royce of the power toothbrush market”」と評されました。

※POHC 2010 Dental Professional Tracking Researchによる(音波式電動歯ブラシブランド内での比較)

日々、革新する

次の世代の充電式歯ブラシ、そして口腔ケア製品を創造するために、フィリップスは全力で調査と開発を行っています。

2011年3月、ソニッケアーはこれまでで最も革新的な製品・ソニッケアーエアーフロスを発表しました。画期的なマイクロバースト技術によって空気とミクロの水滴を噴射するエアーフロスなら、たったの60秒で歯間洗浄を行うことができます。オーラルヘルスケアの分野に新しい技術の幕が開けたのです。

ソニッケアーのユーザーは現在、全世界で1,700万人。世界の50以上の大学で研究と理論に基づいた臨床実験が行われ、歯垢除去、歯肉の健康維持、そしてステイン除去に非常に優れていることが証明されています。今後もさらに多くのユーザーにその効果を実感していただくため、ソニッケアーはオーラルケアを追求し続けていきます。